埼玉県のホットヨガスタジオの比較・最新情報をお届け

LAVAとカルドの違い|どっちがおすすめかを経験者目線で解説

彩
ホットヨガスタジオの2大巨頭のLAVAとカルド。
この記事では違いやどっちが良いかを選ぶ際のポイントを解説していきます!

ホットヨガスタジオに通おうと思っている方の中には、LAVAとカルドでどちらにしようか迷っているという人も多いはず。

今回は両スタジオの経験者目線で「LAVAとカルドの違い」についてまとめてみました。

  • スタジオの雰囲気
  • インストラクターさんの違い
  • そもそもLAVAとカルドはどう違うのか?
  • LAVAとカルドのそれぞれのメリット・デメリット

入会後に「やっぱり○○にしとけばよかった…」なんてことにならないように、比較しておくべきポイントも解説していきます。

私自身は両方のスタジオに通った経験もあるので、迷っているという人には多少参考になると思いますよ!

LAVAとカルドの違い

LAVAとカルドの違いについて、簡単に表にまとめてみました。

スタジオ

LAVA

カルド

①スタジオ数

全国430店舗以上 全国60店舗以上
②プログラム数 30種類以上 40種類以上
③レッスン定員 ~30名 ~60名
④予約の有無 予約必要 予約不要
⑤インストラクターの指導 全体的に統一感あり インストラクターにより違う
⑥ヨガマット有無 ヨガマット必要
(無料レンタルあり)
ヨガマット不要
(バスタオルをひく)
⑦スタジオ環境 電気ストーブ
加湿器
床暖房
銀イオンスチーム

実際にスタジオを比較検討する際に気になるポイントをまとめました。

どちらもメリット・デメリットはありますが、特に③~⑥のポイントは好みが分かれる部分かなと思います。

彩
上記のLAVAとカルドの違いを踏まえ、入会前に比較しておくと良いポイントを解説していきます!

LAVAとカルドのどっちに入会する?比較するべき5つのポイント!

LAVAとカルドの違いおすすめポイント

LAVAとカルドは細かな点で違いがあり、あなたの目的や意向に合わせて選んだ方が良いです。

今回は特にどっちに入会するかを選ぶ際の比較しておくべきポイントを5つ紹介していきます。

  1. レッスンの定員の違い
  2. レッスン予約の有無
  3. ヨガマットの有無
  4. インストラクターの指導
  5. スタジオの立地

上記5つのポイントを比較して選ぶことで、入会後に後悔をしてしまうなんて事を減らせるはずです。

1つずつ簡単に解説していきます。

①レッスンの定員人数

LAVAとカルドではレッスンの定員人数が違います。

  • LAVA:~30名
  • カルド:~60名

※レッスンやスタジオで多少の違いがあります。

それぞれのメリットとしては以下のようになるかなと。

  • LAVA⇒少人数なのでレッスンに集中しやすい。
  • カルド⇒人数が多めなので周りが気になりにくい。

ここに関しては好き好きですが、よりインストラクターさんに近い距離でレッスンを受けたい場合はLAVA。

周りを気にしてしまいがちだから気楽にホットヨガのレッスンを受けたい、なんて人はカルドを選ぶと良いかなと。

彩
ちなみに私は少人数の方が好みです。

②レッスン予約の有無

LAVAとカルドではレッスン予約の有無という点でも違います。

  • LAVA:レッスン予約必要
  • カルド:レッスン予約なし

レッスンの予約制度の有無についても、人によって好みが分かれるところです。

  • LAVA⇒予約をしておけば必ずレッスンを受けれる。
         予約、予約キャンセルの手間がかかる。
  • カルド⇒急に行きたいと思った時に行くことができる。
        人気のレッスンは整理券制となる場合がある。

LAVAは予定した日に行きたいという人には安心感があります。

カルドは予約の手間がない為、気軽に参加したい時に立ち寄れるというメリットがあります。

カルドの整理券等の制度はスタジオによっても違う為、体験時に確認しておくと良いです。

③ヨガマットの有無

LAVAとカルドはヨガマットの有無という点でも違います。

  • LAVA:ヨガマット必要(無料レンタルあり)
  • カルド:ヨガマット無し(バスタオルを下にひく)
  • LAVA:ヨガマットがあると身体が痛くなりにくい
         マイマットを使いたい人は、毎回自分で持ってくるorマットキープ(有料)を使う必要あり。
  • カルド:バスタオルを引くためレンタルマットを使う必要がない。
        マイマットを使えない、人によっては体痛くなるかも。

レンタルマットは毎回消毒等はして下さっていますが、気になる人はレンタル品は使いたくないという人もいるでしょう。

その場合、LAVAでは自分で持ってくるか、有料のマットキープ(月額1,100円)を利用する必要があります。

その点、カルドはクッションフロアの遠赤外線床暖房なので、ヨガマットは必要ありません。

バスタオルで済むので共用品を使わなくて済むのは助かりますよね。

彩
私はレンタル品でも全く気にならないタイプですが…笑

④インストラクターの指導

LAVAとカルドのインストラクターの指導面の違いは以下の通り。

  • LAVA:全体的に統一感あり
  • カルド:インストラクターによって違う

LAVAのレッスンは統一感と言っても機械的でつまらないというものではありません。

全国430店舗ある事もあり、インストラクターへの研修がしっかりしているイメージ。

全体的にかなり高いクオリティで統一化されている印象です。

カルドはもちろんレッスンのクオリティは高いのですが、インストラクターによって指導法や進め方に違いが見られます。

こちらも人によって好き好きですが私個人のイメージはこんな感じ。

  • LAVA:はずれがなく、どのスタジオ・レッスンでも高クオリティ
  • カルド:進め方等は人によって違うが、自分にハマるインストラクターがいるかも
彩
どちらもレッスンの質は高いので、初めての人はあまり気にしすぎる必要はないです!

⑤スタジオの立地

スタジオの立地もスタジオ選びには最重要項目の一つです。

LAVAもカルドも基本的に駅に近い場所に店舗を構えている場合が多いです。

  • 自宅や職場から通いやすい
  • 買い物に便利な立地
  • 駅から近い

あなたの希望に近い店舗で選んでみると良いですよ。

また、LAVAもカルドも複数店舗を利用できるプランも備えています。

特にLAVAの方が全国で430店舗ある為、色々なケースには対応しやすいかもしれません。

それぞれのスタジオ一覧は下記からご覧いただけます。

>LAVAのスタジオ一覧はこちら>

>カルドのスタジオ一覧はこちら>

迷う人はまずは体験してみる事がおすすめ!

LAVAとカルドの違いまとめ

今回はLAVAとカルドの違いと選ぶ際のポイントをまとめていきました。

LAVAもカルドも最大手企業という事もあって、どちらもとても良いスタジオです。

私が思う全体的なイメージとおすすめの人は下記の通り。

  • LAVA:小~中人数でサービス重視
  • カルド:大人数で気軽に通いやすい
  • よりサービスにこだわりたい人はLAVA。
  • まずは気軽に通いたい人はカルド。

こんなイメージで思ってもらえると良いのかなと思います。

どちらもとても良いスタジオですので、迷ってしまうという人は一度ずつ体験レッスンを受けてから決めるのもありです。

むしろどちらも通える範囲にあるのならば、1回ずつ体験した方が良いと思います。

彩
スタジオの雰囲気を知るには体験するのが一番!
どちらも嫌な勧誘はありませんので、気軽に体験できます。


両スタジオ共に現在は体験のキャンペーンも実施中です。

\少人数でみっちり指導を受けたいならば!/

 

\より手軽にホットヨガを楽しむならば/

 

彩
この記事を読んで、ホットヨガを始めてみようと思ってくれる人が一人でも増えたら嬉しいです!